エンジニアの仕事を比較!システムエンジニア編

出来るエンジニアを目指してfrom大阪

大阪から発信!

チームをまとめるシステムエンジニア

チームをまとめるシステムエンジニア

ソフトウェアの開発は何名もの人たちが一つのチームになって制作作業を行なっていくため、作業の進行状況や各々のメンバー間の連携がとても大切になっていきます。システムエンジニアとは、このようなソフトウェア開発におけるチームを管理するマネージャーのことをいいます。では、システムエンジニアに求められるものとは、具体的にどのようなものでしょうか。

システムエンジニアの役割とは?

システムエンジニアの役割は、チームメンバー全員のサポートをするマネージャーだけではありません。こうした役割の他に、チームリーダーであり責任者であるという役割や側面もあります。システムエンジニアはクライアントと打合せを行い、要望や問題を拾い上げ、こうした案件をチームメンバー全員に周知し承知させなくてはなりません。そのため、プログラミングにおける基礎的な設計など開発工程に関した作業知識も豊富である必要があり、ソフトウェア開発スキルと知識を持ったオールラウンダーとなることが求められます。

コミュニケーションスキルも求められる

システムエンジニアは多くの人々と接していかなくてはならない仕事です。ソフトウェア開発はチームで進行していく作業なので、チームを管理してまとめる役割をシステムエンジニアは持っているのです。また、クライアントから拾い上げた要望や問題に対し、社内状況や各メンバーの動きをきちんと把握した上で調整していくことが必要になります。
このように社内外の利害関係をうまく調整していかなくてはならないため、システムエンジニアには高いコミュニケーションスキルも求められるのです。こうしてみると、システムエンジニアには様々なスキルが求められ、中には大変だと感じる方々もいらっしゃるのでしょうが、システムエンジニアの仕事には多くの魅力もあるのです。

新しい技術で”カタチ”にできる

ITの世界は技術進化のスピードが大変速いため、今の技術もすぐに陳腐化してしまいます。そのため、システムエンジニアは新商品情報を収集しながら新しい技術を常に勉強していかなくてはなりません。これは大変な反面、時代の最先端技術に常に触れることができるという喜びにもなります。また、勉強したことがそのまま仕事に活かすことができ、その新技術がお客様であるクライアントの要望や問題に応えることができるため、大きなやりがいにもつながることでしょう。そして、自分が勉強して発案したものや決めていったことが一つずつカタチとなり、実際に動作するということはシステムエンジニアにとって大きな達成感や充実感を得ることができます。

新着記事

取っておきたい資格
取っておきたい資格

出来るエンジニアとして高いスキルを持っていることを証明するために役立つのが資格です。技術向上を目指す上でも資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。出来るエンジニアの腕だめしにもおすすめしたい資格として、「CISCO技術者認定」、「ORACLE MASTER」、「LPIC」の3つを紹介します。