環境を変えてフリーランスとして出来るエンジニアになる

出来るエンジニアを目指してfrom大阪

大阪から発信!

フリーランスとしての活動方法

フリーランスとしての活動方法

「出来る」ITエンジニアになって稼ぎたいというのは、誰にでも共通していることでしょう。そのためには「出来る」エンジニアにならなければなりませんが、もし「出来る」と言われるほどの能力を身に付けることができればフリーランスとしてやっていくのもひとつの選択肢です。フリーランスになるメリットとあなたを助けてくれるエージェントについて説明していきましょう。

エンジニアがフリーランスになるメリット

能力の高い「出来る」エンジニアがフリーランスになるメリットはいくつもあります。ひとつは、個人として契約を結んでいるためあなたの能力が高ければ会社員時代よりも多くの収入が得られることです。そして、会社員時代のように給与から「天引き」されることがありませんし経費も多く認めてくれますから、同じ収入でも所得税を少なくすることが出来るのです。
また、仕事の自由度が高いため自分の得意分野で勝負出来るということです。会社員時代のように必ずしも得意とはいえない仕事で頭を悩ませるようなことはありません。そして、フリーランスに定年はありません。あなたが高い技術を持っていれば、年齢を気にすることなくずっと働き続けることが出来るのです。

あなたの力になってくれるエージェント

ただ、フリーランスは案件を自分で探してこなくてはなりませんので、自分にそれが出来るかどうか不安に思っている人もいるでしょう。そんなあなたを助けてくれるのが、フリーランスを対象にしたエージェントの存在です。エージェントは広い人脈と情報網を持っており、あなたの案件探しをサポートします。これによって自身で案件を探す時間は減りますので、本来の業務に割ける時間が多くなり、収入アップにつながります。
そして、エージェントは報酬交渉のプロでもあります。エンジニアは技術のプロではあっても報酬交渉のプロではありませんので、案件の単価を下げられがちです。その点、報酬交渉のプロならば不当に安い報酬額になることはありませんので、満足のいく単価で契約出来るでしょう。フリーランスのメリットである収入増を、より確かなものにしてくれるがエージェントなのです。

直受け案件の「レバテックフリーランス」

とはいっても、どのようにすればあなたの力になってくれるエージェントを探すことができるのでしょうか。「レバテックフリーランス」なら、そんなあなたの期待に応えてくれるのではないでしょうか。
まず、レバテックフリーランスは仲介企業を通さず常駐先から直受けで案件を紹介してくれます。仲介企業による「中抜き」がありませんので、あなたが手にする金額はその分だけ大きくなります。次に、保有している案件が多いため仕事のマッチング率が高い点も魅力です。フリーランスのメリットは得意分野で勝負出来ることですから、マッチング率は高いということは、それだけ得意分野で勝負出来るということなのです。

参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く押さえられ、かつ、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

レバテックフリーランスから引用。

システムエンジニアの案件情報なら«レバテックフリーランス»

レバテックフリーランスはこういった実績から利用者からの評価も高く、多くのエンジニアが利用しています。

    

システムエンジニアの案件情報なら«レバテックフリーランス»

さらに、現場の状況や案件の内容、顔合わせの日程などについて手厚くフォローしてくれます。これならば自分が案件探しに走り回ることはなく仕事に集中できるでしょう。フリーランスにはいろいろなメリットがありますが、それはエージェントの力に左右される部分もあります。レバテックフリーランスならあなたの期待に応えてくれるでしょう。

新着記事

取っておきたい資格
取っておきたい資格

出来るエンジニアとして高いスキルを持っていることを証明するために役立つのが資格です。技術向上を目指す上でも資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。出来るエンジニアの腕だめしにもおすすめしたい資格として、「CISCO技術者認定」、「ORACLE MASTER」、「LPIC」の3つを紹介します。